クレンジングの種類とメリット・デメリット

クレンジング選びでは洗浄力と刺激性のバランスが大事と言われています。メイクをしっかり落とせなければ意味がありませんが、洗浄力が強すぎると肌に刺激を与えてしまいます。人によってメイクの濃さが異なりますし、どのぐらいの洗浄力で肌に負担がかかってしまうのかにも個人差があります。この点がクレンジング選びの難しさとなっているのですが、メーカー側ではこの洗浄力と刺激性のバランスを意識したうえでさまざまな製品を売り出しています。

洗浄力が高いオイルクレンジング

クレンジングの種類とメリット・デメリット

簡単に言えば「洗浄力は高いけど刺激も強い」タイプから「低刺激だけど洗浄力が劣る」タイプまで両者のバランスに合わせていろいろな種類のクレンジングがあるのです。

 

自分に合ったクレンジング剤を選ぶ上ではこれらの種類ごとの特徴を知っておくことが大事です。

 

もっとも製品の数も多く主流になっているのがオイルクレンジングです。オイルの含有量が多く、メイクを浮き上がらせて落とす効果に優れているので洗浄力は一番、ただその分肌への負担が大きいのが難点です。

 

それから水分の含有量が多めで液状をしているリキッドクレンジング。オイルクレンジングに次ぐ洗浄力を備えている一方でサラサラとした軽い使い心地が大きな特徴になっています。

 

液状なので少々使うのに少しコツがいるのと、オイルクレンジングほどではないものの乾燥肌・敏感肌には少し刺激が強い点などがデメリットとして挙げられます。液状なのでどうしても指で肌を擦る機会が多くなるのも注意点でしょう。

乾燥肌・敏感肌はクリームがおすすめ

クレンジングの種類とメリット・デメリット

乾燥肌・敏感肌に適しているタイプとして人気なのがクリームクレンジングです。

 

その名前の通りクリーム状をしており、厚めのテクスチャなので洗うときに摩擦の刺激が少ないのが大きなメリットです。

 

また洗い上がりがしっとりしており、カサつきやツッパリ感に悩まされている乾燥肌の方にも適しています。一方肌質によってはベタつきやすい、濃い目のメイクの方には洗浄力に不足するといったデメリットがあります。

 

低刺激という点では一番なのがミルククレンジングです。なめらかなテクスチャで肌に負担をかけずに優しく洗っていくことができます。敏感肌に適している一方、洗浄力が弱いのでしっかりメイクのときには十分に落とせないなどのデメリットもあります。

 

ほかには弾力のあるテクスチャと爽快感が魅力のジェルタイプもありますが、こちらは油性タイプ、水性タイプ、オイルフリータイプなど内容によって特徴がかなり異なってくるので製品ごとにしっかり見極めて選んでいく難しさを抱えています。

 

こうしたクレンジングの種類ごとの特徴や注意点を踏まえたうえで自分にあったものを探してみましょう。

クレンジングの種類 メリット デメリット
オイルクレンジング クレンジングの中で一番洗浄力に優れている 洗浄力が高い分肌への負担も大きい
リキッドクレンジング 洗浄力も高くサラサラとした軽い使い心地 液状なので使うのに少しコツが必要
クリームクレンジング 摩擦による刺激が少ない 肌質によってはベタつきやすい
ミルククレンジング 負担をかけず優しく洗っていくことができる 洗浄力が弱い
ジェルクレンジング 弾力と爽快感がある さまざまなタイプがあるので選ぶのが難しい

乾燥・敏感・脂性…肌質で選びたいクレンジング

クレンジングは肌にできるだけ負担をかけずに使えることが大事といわれます。そうなると肌質に合った製品を選ぶことが求められます。どの程度で肌に刺激になってしまうかは肌質によって異なりますし、最終的には個人差になるからです。まずは肌質ごとに合ったクレンジングのタイプを見極めたうえで自分の肌に合っているかどうかを判断していくアプローチが欠かせません。

乾燥肌・敏感肌はクリームがおすすめ

肌質で選びたいクレンジング

乾燥肌は適度な洗浄力を備えつつ、洗いあがりにつっぱり感やカサつきを感じないことがクレンジング選びでもっとも重要な部分です。

 

バリア機能が低下しているのでメイクをしっかり落とさないと肌荒れやニキビの原因になってしまいますし、かといって洗浄力が強すぎると水分を奪ってしまいますます乾燥が加速してしまいます。

 

この条件にもっとも合っているのがクリームクレンジングです。厚めのテクスチャで摩擦の刺激を避けながら洗っていくことができますし、洗い上がりもしっとりした感触になります

 

オイルと水分の配合バランスがよいので適度な洗浄力と低刺激、さらには保湿力を兼ね備えています。

 

ただオイルクレンジング、リキッドクレンジングに比べて洗浄力がやや落ちるので落とせる範囲内のメイクを心がける、またフォーマルな場に参加するためしっかりメイクが必要になったときにはオイルクレンジングを使うなどの工夫も欲しいところです。

脂性肌は洗浄力を重視

肌質で選びたいクレンジング

敏感肌にもクリームクレンジングが適していますが、乾燥肌よりもさらに刺激に敏感になっているのでこのタイプでも負担になってしまうこともあります。そんな時にはミルクタイプが適しています

 

厚めのテクスチャのクリームタイプに比べて滑らかさが特徴のミルクタイプは低刺激の点ではもっとも優れており、敏感肌でも無理なく使えるアイテムがいろいろなメーカーから発売されています。

 

ただもっとも低刺激な分洗浄力ももっとも弱く、クリームクレンジング以上にメイクが濃いときには落とせないリスクを抱えています。

 

ナチュラルメイクを心がけるなど、ミルククレンジングで落とせる範囲内でのメイクが求められるなどメイク環境との兼ね合いも重視したいところです。

 

脂性肌は刺激をそれほど気にする必要がないだけに洗浄力をまず重視しましょう。しっかりメイクをしている方はオイルクレンジングが適していますが、皮脂が多めの方はオイルクレンジングだとベタつきやヌルつきが気になる面も出てきます。

 

そんなときにはさっぱりしたリキッドクレンジングや爽快感を備えた油性のジェルクレンジングなども試してみるとよいでしょう。

 

あくまで最終的には自分の肌との相性で決めることになりますが、こうしたクレンジングの種類と肌質との相性も踏まえておくと製品選びがしやすくなるでしょう。

  • 乾燥肌は保湿力の高いクリームクレンジングがおすすめ
  • 敏感肌は滑らかさが魅力のミルククレンジングがおすすめ
  • 脂性肌は洗浄力を重視したオイルクレンジングがおすすめ

クレンジングと洗顔の違いって?クレンジングと洗顔料の相性

スキンケアでは一般的にクレンジングと洗顔は分けて行われます。「W洗顔」とも言われ、当たり前のようにまずクレンジング剤でクレンジングしたうえで洗顔料で洗顔している人も多いでしょう。しかしそんな当たり前に行っている2つのケアにどんな違いがあるのか?しっかり理解できている人は意外に少ないのではないでしょうか?

メイクはオイルで浮き上がらせる

クレンジングと洗顔の違い

おそらく「クレンジングはメイクを落とすためのもの、洗顔は汚れを落とすためのもの」と理解している方が多いはずです。それは正しいのですが、ではどうしてメイクと汚れを分けて落とす必要があるのでしょうか?

 

クレンジングで汚れを落とす、逆に洗顔料でメイクを落とすことはできないのでしょうか?それができればわざわざW洗顔を行う必要もないわけです。

 

ここで重要になってくるのが汚れの質、水性か油性かです。メイクは油性で非常に落としにくい特徴を持っています。

 

そもそもテカりやヨレなどの崩れを起こさないよう肌にしっかりフィットするために作られているわけですから、簡単には落とせないのは容易に想像できるでしょう。

 

これを落とすためにはオイルをメイクになじませながら密着していた肌が浮き上がらせる必要があります。そこで必要になるのがクレンジング剤なのです。クレンジング剤の洗浄力はオイルの含有量で決まるとよく言われるのもそのためです。

素肌汚れは泡でかき出して落とす

クレンジングと洗顔の違い

一方クレンジングでは毛穴の奥に詰まった汚れや表皮に付着したほこりや蓄積した角質などの水性の汚れをしっかり落とすことはできません。

 

そこで洗顔料で落とす必要が出てくるのです。しっかり泡立てたうえで洗浄成分の吸着力で汚れを吸着させて落とし、泡が毛穴の奥にまで入り込んで汚れをかきだしながら除去していくことになります

 

このようにクレンジングと洗顔料はそもそも役割が違うだけでなく汚れを落とすメカニズムにも違いが見られます。洗顔料ではメイクを肌から浮き上がらせることは難しく、クレンジングでは毛穴の汚れを落とすのが難しいわけです。

 

だからこそW洗顔が必要になってくるのです。

 

クレンジングでも洗顔でも洗い終わった後には肌がきれいになったような爽快感を味わうものです。

 

「これならW洗顔をしなくても大丈夫」と思いがちですが、落とすべき汚れが落とせておらずそのまま放置しておくと肌への負担になるなど問題を抱えてしまう恐れもあります。

 

W洗顔不要の製品も発売されていますが、メイクをする以上クレンジングと洗顔の両方が必要というのが常識なのです。

 

W洗顔は肌への負担が大きいと言われていますが、それを防ぐためにはどちらか一方しか行わないよりも、クレンジング剤と洗顔料の相性をよく考えてうまく負担を最小限に抑えられるようなW洗顔の環境を整えていくほうが効果的でしょう。

  • 油性のメイク汚れを落とすにはクレンジングに含まれるオイルが必要
  • 毛穴の奥に詰まった汚れや蓄積した角質は泡の吸着力で落とす必要がある